幼稚園教諭の転職事情!理想の幼稚園に出会うために必要なこと



保育士と比べて「転職が難しい」と言われる幼稚園教諭。なかなか良い求人と出会うことが出来ず、お悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんな幼稚園の先生方を対象に「理想の幼稚園」と出会う方法や採用を掴み取るためのテクニックをご紹介。働き方からお給料まで、希望する幼稚園を見つけましょう。

転職のテクニック1:まずは目的を明確に

実際に求人情報をあたる前に、まずはご自身にとっての「転職の目的」を整理しましょう。

  • もっと給与の高い職場に転職したい。
  • 残業の少ない園で働きたい。
  • 人間関係の良い職場で働きたい。

ひと口に転職と言っても、検討する理由は様々です。転職理由はそのまま「志望動機」に繋がるので、まずは「どうして転職したいのか?」を明確にすることが大切です。

転職のテクニック2:求人情報を探し出す

志望動機が決まったら、求人探しの始まりです。

ところが、実際にハローワークなどを探してみると、多くの方が「幼稚園教諭の求人は保育士と比べて圧倒的に少ない」という現実に直面します。それもそのはず。幼稚園教諭は保育士と比べると離職数(離職率)が少なく、求人総数も少なめ。

また、無料で掲載できるせいか「本当に採用する気があるのか怪しい園」も多く、希望の職場を見つけにくい側面も。残念ながら、これが実情と言うしかありません。

オススメは「幼稚園専門の転職サイト」

ハローワークやフリーペーパー求人誌よりも、お金を出して求人情報を掲載する「幼稚園専門の転職サイト」の方が、求人の条件も採用の本気度も違います。

  • 本気で採用したいから条件を良くしたい。
  • 優秀な保育士さんが欲しいから限定公開にしたい。

園によって事情は違えど、転職サイトの求人は総じて採用に前向きです。本気で転職を考えるなら、求人探しはまず幼稚園専門の転職サイトを当たりましょう。

転職のテクニック3:採用試験に向けて準備する

希望の求人情報と出会えたら、いよいよ採用に向けて準備します。転職採用は大きく分けて「書類選考→筆記試験→面接」の3ステップ。幼稚園教諭の場合、「書類選考」と「面接」の対策は必須。万全の状態で臨みましょう。

書類選考

書類選考は、履歴書及び職務経歴書の審査です。多くの方は志望動機でお悩みになるかと思いますが、ここは「本音過ぎず、偽り過ぎず」を意識することが大切です。

ポイント1でご紹介した転職理由を例に、自身の本音をTPOに合わせて言い換えてみましょう。

動機 回答例
給与が高い園に転職したい 現場の教諭を大切にするスタンスに共感しました。評価に見合った働きが出来ると自負しております。
残業の少ない園に転職したい ワークスタイルの改善に積極的な貴園に魅力を感じています。質の高い教育を行いたいと考えております。
人間関係の良い園に転職したい ウェブサイトの活き活きとした表情で働く教諭方に関心を持ち、転職するなら貴園にと決めていました。

いかがでしょうか。志望動機がグッと引き締まり、スマートな印象になったと思います。無理に嘘をつく必要はありませんが、言葉1つで相手の印象は180度変わるもの。

貴方が持つ本来の魅力を的確に伝えるためにも、表現方法は考えたいところです。

面接対策

面接は事前準備で9割が決まると言われています。幼稚園教諭として相応しい服装・言動を心がけましょう。

採用面接はTPOに従った服装・髪型を意識しましょう。転職の場合はリクルートスーツにこだわる必要がなく、あなたのセンスが光る部分です。

おすすめ服装・髪型例

  • ナチュラルカラーのジャケット&スカートが好まれる。
  • スカートは母性の象徴。幼稚園ではパンツよりも好印象。
  • 清潔感はとっても大切。髪を後ろでまとめるとスッキリした印象に。

また、当日の言動はあなたの印象を決定付ける部分です。服装や髪型といった外見上の対策と異なり、普段からの動作が出やすく、上辺だけでは通用しません。

質疑応答での心構え

  • 目線は、面接官の目よりも少し下を意識する。
  • 話す時は語尾に注意。最後まで歯切れよく話す。
  • 背筋を伸ばして会話する。話す時は姿勢が崩れやすいので要注意。

さらに、よく問われる質問には必ず対応できるように準備しましょう。基本となる自己紹介や自己アピールの他に、以下の項目が頻出質問として挙げられます。

面接でよく聞かれる質問例

  • なぜ保育園ではなく、幼稚園を選択したのか?
  • 園児と接するときに最も大切だと思うことは?
  • 幼稚園や保育園にまつわるニュースで気になったものは?

最後に

今回は幼稚園教諭の転職について、その探し方と試験対策をお伝えしました。幼稚園教諭の求人数は限られているため、「転職サイト」の活用が成否を分けるカギ。理想的な職場と出会うためにも、一度アプローチして見ては如何でしょうか。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの幼稚園教諭求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿