「年齢不問」の保育士求人情報の注意点



保育士不足が全国で叫ばれる現在、保育施設関連の求人情報には、多様な募集要項が記載されています。

中でもここ数年「年齢不問」と書かれている求人情報を数多く見かけるようになりました。このキーワードは、子育てを終えた方や、経済的理由などで働きにでることを考えた方などにとって、非常に嬉しいものだと思います。

しかし、年齢不問の求人情報には注意すべきポイントもいくつかあります。想像と違った…と後悔してしまうことのないよう、しっかりと確認しておきましょう!

年齢不問と記載される理由を考えよう

年齢不問で保育士を募集するケースで考えられるのが、“慢性的な人員不足解消”を目的とするものです。

保育士を目指し就職活動を行う人の多くは、専門学校や各種教育機関を卒業した段階の比較的若い年代です。または、一度は一般企業に就職したものの夢を諦めきれず、保育士資格試験を受け転職される方もしるかもしれません。どちらにしても、平均として30代半ばの応募者が大半です。

この様な応募者の受け皿は、保育士不足問題が深刻化する現在では十分すぎるほど存在します。では、わざわざ「年齢不問」と条件を打ち出す理由は何が考えられるのでしょう?

慢性的な人員不足解消を目的としたケース

「年齢不問」と記載するケースの多くは、前項で挙げた30代半ばよりも高齢な方たちの就労を促したい意図が感じられます。

  • 子どもの大学進学などを考え、少しでも家計の負担を軽くしたい
  • 子どもが社会人となり、手がかからなくなった
  • 配偶者の定年退職により収入が激減した

上記の様な理由から、一念発起して保育士に復職を考えるケースです。この様な方を対象とする理由は、やはり保育施設における“人員不足”が大きな理由と考えられます。

利用者の要望に応えるため、保育施設では以前に比べ保育時間を長くしたり、休日保育を実施するなどの変化が起こっています。そのため、正規職員だけでは人員が足りず、アルバイト・パートの従業員を必要としているのです。

人員不足が深刻化している園などでは、急な出勤をお願いされたり、休日が契約通りに取得できないケースも考えられますので、注意しましょう。

仕事内容が“雑務のみ”のケース

年齢を重ねた方が社会復帰を考える際、業務量や仕事内容、勤務日数などの“負担”を心配される方が多いですが、その様な心配を払拭するのが「年齢不問」のキーワードです。

「年齢に問わずお願いできるお仕事内容です」という趣旨であり、“私でも出来るかもしれない”と希望を抱きます。

しかし、実際の仕事内容としては、正規の保育士に比べ補助(サポート)要員としての業務が大半となりますので、その点は予め理解しておく必要があります。もし、「保育士として第二の人生を過ごしていこう!」と強い思いを持って就職先を探している場合、年齢不問で出されていた求人案件では、就労後満足しないことが考えられます。

事前の「施設見学」や「相談」が必須

「年齢不問」と求人募集で打ち出されている施設の場合、単純に保育補助として人員を募集しているのであれば問題ありません。ただし、人手不足を解消する為の苦肉の策として“誰でもいいから”募集を行っているようであれば、注意が必要です。

年齢を重ねてている方にとって、「年齢不問」の4文字はとても魅力的ですが、それに惑わされず、自分自身の希望やスキルに見合った案件に応募するようにしましょう。

また、就労前には一度施設の見学を行うことをおすすめします。同じ勤務形態で働かれている先輩の様子などを確認できれば、さらに安心ですね。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

「年齢不問」の保育士求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿