保育士の給料事情|基本給以外に支給される手当まとめ



「手当」は給与の増減を大きく左右するものです。勤務内容に対し薄給であることも影響し、「保育士不足」が深刻な問題となっていますが、保育士の給料にも様々な手当が含まれているのです。

今回は、保育士の給与に含まれる手当に注目し、その内容や注意点についてまとめていきたいと思います。

転職を考えられている場合、求人情報には手当の記載もありますので、それらがどの様な内容の賃金であるかをしっかりと把握しておきましょう!

保育士業務における「手当」の代表例

まずは、一般的な手当についてです。

資格手当

保育士として業務を担うことに対する手当となります。

基本的に「有資格者」に与えられるものですが、「無資格者」であってもクラス担任を任された場合や、就職先の給与制度によっては“保育に従事する者”として、この「資格手当」が支給されるケースがあります。

役職手当

多くの場合、「主任」や「副園長」等の役職に就く方に対して与えられる手当です。相場を見ると「5万円程度」が多いようですが、金額は保育園により異なります

稀に「クラスリーダー」や「学年主任」に対しても手当が支給されるケースもあるようですが、このような場合、主任・副園長などの役職者に比べるとその金額は少なくなります。

賞与

年収の大きな割合を占める賞与ですが、支給義務があるうわけではありません。事業主の裁量で賞与支給の有無、また金額が決められます。(支給される場合、基本給の1ヶ月~3ヶ月分が平均のようです。)

支給の範囲は基本的に正規雇用の従業員が対象ですが、こちらに関しても特別規定があるわけではありませんので、パートタイムであっても事業主の定める条件を満たすことで支給されるケースもあります。

通勤手当(駐車場手当)

電車やバスなどの公共交通機関を使って通勤する場合、通勤手当が支給されます。多くの場合上限金額が設けられており、超過分に関しては自費負担となってしまいます。長期の通勤定期券を購入するなど工夫が必要です。

園が職員用の駐車場を保有していない場合、車通勤の従業員に対して駐車場手当を支給するケースもあります。

通勤手当・駐車場手当については、支給の無い保育園もまだまだ多いので、就職・転職の際には予め確認しておくようにしましょう。

住宅手当

低賃金が問題になっている保育士にとって、生活を大きく支えてくれるのが住宅手当です。全国的に見ると実施している保育園はまだ多くはありませんが、都内の園などでは一人暮らしの場合、家賃に対して一定金額が補助されるケースも増えてきています。

住宅手当の支給が無い園であっても、「社員寮」が用意されていることもありますので、これらの利用も家生活費を節約する一つの方法と言えます。

扶養手当

扶養家族がいる場合に支給される手当です。一般企業でも中小企業などでは支給されることが少ない手当の一つです。

保育士求人においても、支給している園はまだ多くありません。しかし、男性保育士やシングルマザーなど、家計を支える必要がある場合などは、扶養手当支給の有無や支給条件を確認しておくと良いでしょう。

この扶養手当は「扶養控除」とは全くの別物です。事業主の裁量によって条件と支給額が決められますので、混同しないように注意が必要です。

注意が必要な「手当」

「手当」が付くと手取り給料が増えるので、一見して嬉しいものの様に感じますが、実は場合によっては損をしていることもあります。特に注意が必要な2つの手当を見ていきましょう。

残業手当

あらかじめ事業主が定めた“見込み残業”時間分を「手当」として給料に含むケースがあります。

雇用契約の見込み残業手当として「月〇〇時間分の残業代を含む」と定められている場合、実際の残業が規定の時間未満であれば問題ありません。むしろ、見込み残業時間に達していない場合であっても、定められた金額が支払われますので従業員にとって利点と言えるでしょう。

ゆめほいくの場合、見込み残業を超えた分に関しても残業代を支給していますが、保育事業主の中には“超過分の残業代は支払わない”と定めているケースもありますので、事前に確認しておくことが大切です。

特別業務手当(名称は定まっていません)

抽象的な名称の「手当」がつく場合には注意が必要です。その「手当」が何を対象にしているのか、就労前にしっかりと確認しておきましょう。

事業主が言葉を濁したり、回答があやふやな場合は特に要注意です。“年収を抑える為の手当”として支給されているものもあるようです。

特別手当の悪い例を考えてみましょう。

Aさん Bさん
手取り20万円/月、賞与3ヶ月分 手取り20万円/月、賞与3ヶ月分
基本給18万円+手当2万円 基本給13万円+手当7万円
年収294万円
(20×12)+(18×3)
年収279万円
(20×12)+(13×3)

手当を含んだ手取り給与はAさん・Bさんどちらも20万円です。同じ月収であっても、基本給の違いから、年収は15万円も差があります。

単純に人件費(年収)を抑える為に「手当」を付けていると疑いかねない施設も存在しますので、手当の仕組みを覚えておきましょう。

手当の内容をしっかりと確認しましょう!

求人情報には、雇用形態や勤務時間、給料など、様々な情報が並んでいます。高額な手当は一見魅力的ではありますが、大切な事は「何に対して支払われる手当なのか」ということです。

求人情報でははっきりと記載されていないケースもありますが、不安な点がある場合は、入社を決める前にきちんと担当者へ確認しておきましょう。

ゆめほいくでは、手当支給の募集案件も多数掲載しています。面接時にはゆめほいくの専任スタッフが同席しますので、聞きづらい質問にちては夢保育の担当者から確認する事も可能です!

ぜひ下記のメールマガジン購読にご登録いただき、サービスをご利用ください。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

高待遇な【新着】保育士求人情報

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!詳細はこちら

人気の投稿