小規模保育園で働く保育士のメリットとデメリット



アットホームな雰囲気の中で、少人数の子ども達を預かる「小規模保育園」が近年増加しています。一般的な保育園とは異なり「6人以上19人以下」という少ない定員数の中で保育が行われるため、入園を希望する保護者も増加傾向にあるようです。

施設の増加に比例し保育士の募集も増えてきているのですが、小規模保育園での勤務はメリット・デメリットが存在します。転職後に後悔することの無いよう、きちんと確認しておきましょう。

小規模保育園で働くメリット

きめ細やかな保育が行える

小規模保育園は、定員5人以下の「家庭的保育事業」と、定員20人以上の「一般的な保育園」の中間的な施設となっており、待機児童の割合として多い0~2歳児を主に預かる施設です。

新制度によって小規模保育園が認可の対象となり、認可基準を満たす施設では保育士の配置基準が既存の保育園プラス1名、もしくは1・2歳児について既存の保育園では子ども6(自治体によっては1歳児は5)人に対して保育士1人とされていますが、認可小規模保育園では3人に1人という基準があります。

こうした基準を満たしている場合には、保育士1人が見守る子どもの数が少なくなる為、一人ひとりの子どもを見守る時間や質が確保されやすいという点が挙げられます。

個性を尊重した保育

小規模保育園では、保育士1人に対する子どもの数が少ないため、保育士の目が届きやすいという特徴があります。

しっかりと目が行き届くということは、ケガやトラブルの防止にも大きな効果がありますし、何よりも個性が芽生える乳児期に子どもたち一人ひとりの成長をしっかり見守ることができるという点は保育士にとって大きなやりがいとなるでしょう。

保護者対応に関してもきめ細やかな生活の様子を伝えることができ、一般的な保育園に比べ保育士に対する信頼感が高い傾向があります。

家庭の様な和やかな雰囲気

保育園は就学前の子ども達を対象とした“集団生活の場”でもあり、家庭とはまた違った生活環境となります。中には、家庭環境に近付けた環境設定を独自に行う保育施設もありますが、それはあくまでも“個性の範疇”と言えます。

預かる子ども自体が少なく、また生活空間も十分に確保された小規模保育園では、一般的な保育園に比べ家庭に近い環境設定が自然と行われるのです。

子どもたちはもちろん、保育士においても、アットホームで和やかな園の雰囲気が、良い意味で仕事感を感じさせず、業務に関する心理的負担が軽減されるメリットがあります。

小規模保育園で働くデメリット

3~5歳児を保育するケースは少ない

小規模保育園の多くは、待機児童問題が深刻な0~2歳の児童を対象としています。そのため、3歳以降も保育施設を利用する場合は、近隣の保育施設へ転園することとなります。

将来的に運営体制の異なる園へ転職を考えている場合などは、保育士のスキルとして、3~5歳児の保育経験も重要となります。小規模保育園の経験だけでは不十分と判断されてしまうことも考えられますので、注意しましょう。

子どもに寄り添う家庭的な保育を経験できる

「家庭的保育事業」と「一般的な保育園」との中間的な立ち位置となる小規模保育園では、一般的な保育園でも行われる業務を学びながら、より親身な保育が経験できるでしょう。

子ども一人一人の成長や発達に、しっかりと目を向けながら働きたいという方にはおすすめの就職先と言えるかもしれません。

ゆめほいくでは、小規模保育園の求人募集も多数ご用意しております。ぜひ下記会員登録から、新着求人をチェックしてみて下さい!

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

小規模保育園の求人情報も多数掲載中

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿