英語教育を取り入れる幼稚園が増加中!教諭に英語力は必要か



「幼稚園や保育園で英語を教えて欲しい!」と願うママさんたちは、日に日に増加しています。バイリンガルの子供は常にママさんたちの憧れであり続け、英語教育への期待感は日に日に増しています。

最近は私立学校法人を中心に、幼稚園教諭に「英会話能力」を求める求人が増加中。英語能力は今や幼稚園教諭の必須スキルとなりつつあるかもしれません。

幼稚園での英語教育の内容

幼稚園の英語教育は様々な形式で行われます。昔から「語学教育は小さいころほど効果が高い」と言われてきたこともあり、語学教育を得意とする園では、歌や踊り・読み聞かせも英語です。

英語教室の教育例

  • 挨拶を中心とした簡単な会話を英語化(日本語教育も並行)
  • イラストに描かれたを英語で当てる授業
  • 歌や踊り・読み聞かせを英語で行う

求められる英語レベルは高くない

多くの幼稚園では現状、幼稚園教諭に対してさほど高いレベルの英語能力を求めません。これは多くの幼稚園が園児の学習目標を「英語を楽しいと感じる」範囲に設定しており、本格的な英語教育の前提と考えているからです。

つまり、幼稚園教諭の場合、英語教育とは言え外資系企業のビジネスマンのような「TOEIC800以上」などのスコアは必要ありません。無理矢理TOEICに例えるとしても、せいぜい「TOEIC600~700」もあれば十分だと言えるでしょう。

英語教育のメリットや効果

英語教育は児童に対して大きなメリットを有しています。ママさんたち憧れのバイリンガルのとば口となるだけでなく、語学学習能力に優れた幼少期に教育を施すことで、後々の「英語能力」に歴然とした差が生まれます。

また、幼稚園では歌や踊りを通じて楽しく学習を進めるため、小学校高学年や中学校のような「やらされ感」が無い点も大きな強みです。苦手意識のない、自由で伸びやかな学習スタンスが形成できます。

幼稚園教育で英語教育を導入するメリット

  • 6歳までの「黄金期」に英語に親しめる
  • 歌や踊りによる「楽しい」教育
  • やらされ感のない自発的学習

先生視点でもメリットはいっぱい!

幼稚園の先生から見ても、英語教育のメリットいっぱいです。英語教育ができる教諭を求める声は日に日に大きく、また求人案件も急増しています。そのため、英語教育ができる教諭は引く手あまた!

  • 英語能力を前提とした高収入案件への応募
  • 英語教室やプリスクールなど既存幼稚園以外の可能性

英語能力の高さは、自身の「幼稚園教諭としての価値」を高めます。収入や就職先には大きな影響を及ぼすことは、自明の理と言えるでしょう。

また、お勤めの園が既に英語教育を導入している場合、他の多くの教諭が苦手とする英語を武器にすることで、園内での「地位や立場」も自然と強いものになるでしょう。少し打算的な言い方ですが、英語が苦手な教諭と比べて、職場の居心地がよくなります。

そして何よりも、自身の教育活動が園児たちの将来に影響を与えると想像すると、教諭冥利に尽きるというものですよね!

英語レッスンに担任はどこまで関わるのか

幼稚園や保育園で行われる英語レッスンは大きく分けて、

  1. 外国人教諭による本格的英語レッスン
  2. 日本人教諭による日常密接型レッスン

の2種類が挙げられます。

外国人教諭による本格的英語レッスン

外国人教諭を招いたレッスンは本格的なものであることが多く、インターナショナルスクールなどが多く採用しています。子供たちにはリトミックやイマージョンを通じて英語を徹底学習。高い語学力を身につけます。

日本人の幼稚園教諭は「外国人教諭との打ち合わせ」や「外国人教諭のレッスンをサポート」する能力が必要です。必然的に、外国人と意思疎通が行える程度の会話能力は必要でしょう 。

この手の幼稚園には、「園内では講師も園児も英語のみ」と規定している幼稚園もありますよ。

日本人教諭による日常密接型レッスン

こちらは一般的な幼稚園が英語教育を取り入れたかのような印象の、適度な語学教育体制です。歌い踊りや読み聞かせで英語を交えることで、「英語に親しむ」ことを目標としています。

園によっては、外部の英語教育教材などを利用するケースも少なくありません。幼稚園の先生に求められる英語能力もさほど高くはなく、働きながら英語能力を培うことも可能です。英語能力を磨くためには定番の「TOEIC」はもちろん、児童教育者や児童保育者向けに作られた「保育英語検定 」も役立ちます。

最後に

英語教育は段々と広がりを見せており、幼稚園や保育園の先生に語学能力を求める求人も増えています。

幼児教育の無償化が進むにつれ、余剰資金を教育に回すご家庭も増えると言われており、「英語能力+教育能力」を持つ人材が存在感を増す可能性は非常に高いです。語学能力を身に着け、更なるステップアップを目指してみるのも良いかもしれませんね。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの幼稚園教諭求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿