さいたま市岩槻区の保育士採用状況|欠員補充の情報をチェックしよう!



さいたま市岩槻区は、特別区内では平均的な人口・保留児童を抱えた地域です。保育施設の増設はあまり進んでおらず、保育士の就職先としては既存施設の補充人員といった基本的な就職スタイルが中心となるでしょう。

今回は、さいたま市岩槻区の保育施設稼働状況及び保育士採用状況についてまとめます。

統計情報から見える岩槻区の保育士採用状況

平成29年度の岩槻区内の合計保育施設数は16カ所、保留児童数は95名です。前年度である平成28年度は保育施設数が15カ所、保留児童数が101名だったことを考慮すると、保留児童を取り巻く岩槻区の保育環境は、緩やかな変化を遂げていると言えるでしょう。

平成30年度も保育施設の新規開所予定はナシ

岩槻区は過去数年の経緯を見ても、保育施設の急速な増加など、特に保育環境を激変させるような変化は行われていません。これは北区や緑区など、特に保育環境の不足が懸念されるエリアと比べて、岩槻区が安定的な保育状況にあるからだと推察できます。

当然の流れと言うべきか、平成30年度も岩槻区内での新規認定保育所の設立予定はありません。認定こども園は1カ所ほど開所検討中ですが、総合的に見て保育士採用が活況と言える状況ではないので、岩槻区を保育士採用の場として見た場合、魅力的には標準水準に留まるでしょう。(*1)

施設空き状況の動き

続いて、岩槻区内の保育施設の空き状況を確認してみましょう。(*2)

岩槻区内の認可保育所の空き状況は「0~1歳が満員状態。2歳児以降は年齢が大きくなるごとに空枠が目立つ」状況です。保留児童問題の激戦区では大抵の場合、2歳児や3歳児も満員状態ですから、保育施設の空き状況という観点からも、岩槻区は比較的安定的状況にあると言えそうです。(*3)

岩槻区で保育士として働くには

岩槻区はここ数年大規模な採用情報や、定員枠の大幅拡充が行われたケースは少なく、保育士市場としては特別大きな動きがある地域ではありません。したがって、岩槻区で保育士として働く場合、ほとんどが既存施設で起きた欠員補充という形になりそうです。

職場の下調べが就職成功のカギ

保育所は施設ごとに職場環境が大きく異なる点が特徴です。「児童の見守りや保育活動」という業務上、特に施設の運営方針や雰囲気は注意しておきたいポイントだと言えます。

さいたま市では、独自に私立保育施設の運営方針や職場環境のPR情報を掲載しています。直接採用にかかわるものではありませんが、職場の雰囲気を掴む判断材料になりますから、積極的に閲覧すると良いでしょう。(*4)

市の実施する職場見学制度

さいたま市では、保育士や保育士資格の取得を目指す人を対象として、毎年のように職場見学を実施しています。(*5)

岩槻区では合計6カ所の施設が見学受け入れを行っている状況(平成29年度4月時点)ですが、これらは単なる説明会ではなく、現場で働く保育士さんの生の声を聞けるチャンス。

  • 面接官相手にはなかなか聞けない
  • 求人票に書いてある条件は、本当なのか
  • 職場の人間関係はどうなのか

このような悩みや不安をお持ちの方には、特にオススメしたい制度です。

円滑な人間関係の構築が重要

保育士というお仕事は、単に児童保育をしていれば良いと言うだけではありません。

1人ですべての児童を見ることはできませんから、同僚の保育士や保育補助者との連携業務は必須です。また、児童には保護者がついており、保護者との関係性にも細やかな配慮が求められるでしょう。ところが、ブランク明けの保育士さんや経験のない保育士さんは、本当にうまくやっていけるかどうか、不安を感じることもあるでしょう。

さいたま市は、このような潜在保育士さんを対象として、実際に現場で働く保育士による「潜在保育士再就職支援セミナー」も実施しています。専門知識を中心に、保育所で働く力を培います。(*6)

効率よく職場探しを行うには

過去の記事で述べてきたように、賃金や福利厚生、更にはキャリアアップにまつわるロードマップなど、保育士の労働環境は政府の実施する政策で大きく改善してきています。

ただし、これらの制度の多くは「事業者に対する支給」であるため、どの程度保育士待遇の改善に現れているかは未知数(国や市が、ある程度の支給制限を定めてはいますが…)です。

雇用条件は複数閲覧。比較検討が大切です

雇用条件を厳選する場合、他の類似の求人情報と比較することは外せません。別々の就職先を比べてどちらが良いのか比べるのはもちろん、「同じ就職先でもサイトや媒体によって条件が違う」ことも。理由は複数考えられますから、あとで後悔しないためにも、積極的に確認すると良いでしょう。

保育士専門サイトの活用

保育士は「児童保育のスペシャリスト」。専門職のカテゴリーに分類されます。

そのため、万人向けに作られたハローワークなどでは、保育士として必要な情報(例えば、何人の保育施設で何歳の児童保育の経験がどの程度あるか等、単純な経験年数では表現しきれない部分)が全て記載されていないということも考えらえます。就職はお見合いとはよく言ったもので、保育所の求める人物像と保育士が必要とする条件がマッチしなければ成立しません。

そのため、ハローワークなどの通常の就職機関を利用するよりも、「ゆめほいく」などの保育士事業に特化したサイトのご利用をオススメします。ゆめほいくは、ただ記載情報が詳しいというだけでなく、キャリア別に対象求人を整理することが可能です。情報は必要な部分を整理して提供しているので、とても見やすく好評なんですよ。

最後に

岩槻区は他の特別区と比較すると、保育環境の変化ペースは緩やかなものだと言えます。これは新規事業における雇用拡大などが控えめである一方、現状の保育施設で比較的うまく運営できているという証左でもあります。

職場環境や業務負担に対する安定性を求める保育士さんには、比較的良い地域なのではないでしょうか。

さいたま市は、保育士を対象に様々な支援策を実施しています。どれも役立つ制度ですから、空白期間などに悩む保育士さんには、是非とも知ってもらいたいものばかり。また、就職の際は、詳しい情報を掲載している「ゆめほいく」のご利用をオススメします。

<参照>

  1. 平成29年度さいたま市認可保育所・認定こども園職員募集状況/さいたま市(PDF)
  2. 平成30年4月に開所する保育所一覧/さいたま市(PDF)
  3. さいたま市認可保育園空き状況/さいたま市(PDF)
  4. 保育施設PR資料/さいたま市岩槻区(PDF)
  5. 施設見学のご案内/さいたま市(PDF)
  6. 保育の仕事に興味がある方へ向けたご案内/さいたま市

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

さいたま市岩槻区の保育士求人情報掲載中

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!詳細はこちら

人気の投稿