保育所情報をPRして雇用確保を狙う!さいたま市西区の保育士採用状況



さいたま市西区では、保留児童の増加を抑制するために、様々な保育士確保策を実施しています。市の政策を最大限活用する点はもちろん、西区独自に各保育所が保育士向けに特色をPRするなど、積極的に保育士確保に努めている区です。

今回は、さいたま市西区の保育施設稼働状況と保育士採用状況についてまとめます。

さいたま市西区における保留児童数と保育所の推移

平成29年度4月時点における、さいたま市西区の保留児童数は62名。そして、保育施設数は16施設です。※小規模保育事業、認定こども園を含む

市のデータベース によると昨年度4月時点では、保留児童数60名、施設は15箇所と記録されている為、どちらもやや増加していると言えるでしょう。

深刻な児童利用状況

続いて、西区の保育施設における、児童利用状況を見ていきましょう。

まず、平成29年度6月時点の保育所空き状況ですが、こちらは7月時点で0~2歳児はいずれも満員。空き待ちの人数も非常に多く、現況では保育施設及び保育士は到底足りていない状況だと推測することができます。

また、定員オーバーによる過剰収容も問題となっています。統計情報によると、西区の認可保育施設の合計定員数は1,084名であるものの、平成29年度7月時点では1,100名の児童の受け入れを行っている状況です。

施設数だけでなく、保育士数の不足も背景事情となっており、西区の困難な保育事情をうかがい知る事ができる統計ですね。

以上の点から、西区における保育士の需要は、今後更に高まるものと予測できます。

さいたま市が実施する保育士確保策を着実に推進

さいたま市は、市全体の財源を保育士事業に大きく配分することで、保育施設の誘致や保育士の確保につなげています。他のエリアで働くよりも優遇されることが珍しくありませんから、市の政策を理解しておくことで、よりよい職場を見つけることに繋がります。

平成29年度より民間保育所で働く保育士の給与がベースアップ!

さいたま市では厚生労働省が打ち出した平成29年度の保育士処遇改善に則り、「民間保育所で働く保育士」を対象に平均3.3%(月額1万円程度)ものベースアップを行いました 。平成24年度以降、繰り返し行われてきた処遇改善による保育士の待遇向上と合計すると、約10%も賃金が改善したと言われています。

これだけではありません。さいたま市では、市独自で追加予算を編成することにより、職員雇用対策費補助金や職員処遇改善費補助金の支給を決定。1人あたり年額193,500円もの追加支援を行っています。

これからさいたま市で働こうという保育士さんにとっては、かなり嬉しい政策 だと言えますよね。

認可外保育施設保育士資格取得支援事業

さいたま市では、認可外保育施設で働く“保育士資格を持っていない常勤職員”を対象に、「認可外保育施設保育士資格取得支援事業」という政策を行う事が決定しました。この制度は、対象者が指定保育士養成施設を卒業して、保育士資格を取得した場合、入学料や受講料に、教科書代や教材代を含めて「1/2」を助成するというものです。

昨今の保育士求人は増加の一途を辿り、雇用条件も向上しつつあります。現況を変えてより恵まれた職場を見つけるチャンスですから、この機会に保育士資格の取得を検討するのも良いかもしれませんよ。

さいたま市西区独自の保育士確保策

市が実施する経済及びキャリア支援事業に加えて、西区では区の公式HPを用いて保育士の雇用確保に尽力しています。これから保育士として働く事を希望する方にとって、情報収集は何より大切な就職対策。積極的に活用すると良いでしょう。

保育所情報をPR

さいたま市西区では、私立の保育所に限定して保育所の運営方針や保育事業の一部を紹介しています 。

直接採用に関わる情報を提供しているわけではありませんが、「保育対象年齢や延長保育の有無」など、働く保育士さんにとって重要な情報も多々記載されているので、とても有用です。気になる保育所の雰囲気を事前に掴んでおきたい!と言う方は、ぜひ確認しておくことをオススメします。

より良い職場探しには「ゆめほいく」がオススメ

さいたま市西区は保育士の不足が深刻な地域で、保育施設数も十分とは言えない状況です。そのため、保育士を求める声は近年更に高まっており、求人情報もいろいろなものが公開されている状況。しばらく現場を離れていた保育士さんなどは、どこで働くのがいいのか迷いを感じているのではないでしょうか。

そのようなお悩みを抱えている方には、保育士専門求人サイト「ゆめほいく」のご利用をオススメします。ゆめほいくは、西区だけでなく近隣地域の保育士求人をまとめており、立地や雇用形態はもちろん、キャリアに応じて情報を整理することができるんです。

ごちゃごちゃして把握し辛い求人情報も、ゆめほいくなら一発解決。ご希望の求人情報にきっと出会う事ができますよ。

最後に

西区は他の区と比べて特別保育施設が多いわけではありません。ですが、施設全体が定員オーバーを起こしている上に、空き待ちの児童数も多いことから、保育士の需要は今後も更に高まるものとみられています。

さいたま市では、予算の多くを保育事業に割くことで、保育士の確保に努めています。他の地域で働くよりも賃金水準は高くなる傾向にありますから、これから働く保育士さんにとって、とても大きなチャンスです。

<参照>

さいたま市西区の保育士求人情報掲載中

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!詳細はこちら

人気の投稿