フレキシブルな働き方ができる!さいたま市浦和区の保育士採用状況



さいたま市浦和区は、全国的に見ても待機児童対策を積極的に実施している地域の一つです。今回は、そんなさいたま市浦和区に焦点をあて、保育園の稼働状況や保育士不足対策についてみていきたいと思います。

さいたま市浦和区における全体的な分析

前述の通り、さいたま市浦和区の待機児童対策は充実しており、公式発表による待機児童数は著しく少なく、他の地域と比べても首都圏有数の理想的環境にあります。

また、数年前まで大きな課題として問題視されていた保育所不足による待機児童問題も、現在の浦和区ではほぼ解決しており、保育士目線でも働きやすい環境にあると言えます。

さいたま市浦和区の保育所の整備状況

平成29年5月現在において、さいたま市浦和区では、認可保育所21施設が運営されています。また、さいたま市では市の公式ウェブサイトにて、各区に存在する認可保育所の空き状況を随時更新、公開している為、常にその実態数を把握する事が可能です。

認可保育所21施設、受け入れ体制も良好

実際に平成29年4月時点での認可保育施設の受け入れ状況を調べたところ、大半の認可保育所が新規の児童受け入れ枠を保有しており、利用者にとって利便性が高い地域だと分析できます。ただし、浦和区の空き状況を詳しく見ると、0~1歳児の受け入れ枠は毎年かなり少なめの傾向にあるようです。

従って、該当年齢のお子様をお持ちの利用希望者によっては、施設の立地条件やコスト面において悩み抱えてしまうケースは否定できません。この点においては、今もなお浦和区の課題として残っていると見るべきでしょう。とは言え、児童の過剰収容や実際に待機児童を生み出してしまっている他の地域と比較すると、浦和区が比較的良好な生活環境にある点は事実です。

具体的な待機児童対策

浦和区は、待機児童対策として特筆すべき政策を出しているわけではないようです。この件については、筆者が浦和区区役所支援課に直接架電し、「保育所及び保育士の増強や待機児童問題の解消に関して区政で何か特別な政策を実施しているのか?」と担当者に問い合わせたところ、「利用希望者の問い合わせに対して施設の紹介などの業務は支援課で行っているが、浦和区独自で保育所及び保育士について特別な制度を実施する等の区政は行っていない。」という回答が得られた点からも明らかです。

ところが、この回答を以って浦和区の待機児童対策が不十分かというと、そうであるとは言い切れません。実際のところ、さいたま市では保育所だけでなく保育士の支援も様々なものを打ち出していますし、これだけでも十分に手厚いものだと言えます。
また、さいたま市ではここ数年で認可保育所の数を倍近くも増加させたという実績を有していますし、浦和区だけでも平成29年度に、新たに3施設が認可保育所として活動を開始しています。

認可保育所の増加は保育士にとって大きなプラス

このように、認可保育所を増設し待機児童を減らそうという前向きな市政、区政は、現場で活躍する保育士さんの選択肢を広げ、負担を減らす事に繋がります。当然ですが、施設の増加は保育士を求める施設の声を大きく広げますから、既に活躍中の保育士さんだけでなく、これから保育士として活躍しようという方にもチャンスが巡ってくるきっかけです。

このようなさいたま市の流れは、利用者にとっても施設にとっても、そして働く保育士さんにとっても大きなメリットであると言えるでしょう。

保育士にとって働きやすい就業環境

新規保育所ならではの馴染みやすい職場環境

さいたま市全体に言えることですが、浦和区においても比較的新しい保育所が多い点が特徴です。これから活躍しようという保育士さんにとっては、古くてしがらみの多そうな既存の認可保育施設で働くよりも、新たに認可を受けて意気揚々とした雰囲気の保育所の方が、比較的入りやすい職場環境であると言えるのではないでしょうか。

また、浦和区の保育士求人は福利厚生が整い条件が良いものが多いので、条件的にもモチベーションが高まりやすい要素が整っています。(これについては市政や区政の影響ではなく、埼玉県自体の平均賃金が高い点が最も大きく影響しているのですが。)

多様な保育施設で多様な働き方を

認可保育所とは、児童福祉法が求める要件を満たした市または民間が運営する保育所を指しています。しかし、浦和区においてはこの認可保育所以外にも、さいたま市独自の基準を満たした保育施設であるナーサリールームを代表として、様々なスタイルの認可外保育所が運営されています。

当然、これらの保育施設でも、これから保育士として活躍しようという人材を求める声は大きく、保育士の資格をお持ちの方にとって、非常に良いチャンスとなっています。

認可保育所の働き方が少し合わないかなと感じた保育士さんや、既存のマインドに縛られずフレキシブルな働き方を求める保育士さんにとっては、ナーサリールームやその他認可外保育所への就業はとても魅力的な選択肢だと言えるでしょう。

更に、これらの施設ではフルタイムのみならず、短時間労働やパートタイムでの勤務を求めるケースも多いので、「通勤できる認可保育所には希望の条件がない!」という方や、「家庭の事情があってフルタイムはつらい」と言ったお悩みを抱えている方にもオススメできる職場です。

まとめ

これまで述べてきたように、浦和区では新たな認可保育所が推進され、ナーサリールームをはじめとした認可外保育所の運営も盛んな地域です。

これらの影響は保育士目線で見ると大きなプラス要素であり、過重労働による早出や残業等のマイナス要因が薄いメリットに加えて、新規の認可保育所の増設による採用枠の拡大は是非とも見逃せないポイントです。

総じて、これから保育士として活躍する方にとって浦和区の保育所の職場環境は非常に良いものである確率が高いと言えるでしょう。

<参照>
さいたま市ウェブサイト(保育所関連)
さいたま市子育てWEB
認可保育所について/さいたま子育てWEB
ナーサリールームについて/さいたま子育てWEB

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

さいたま市浦和区の保育士求人情報も多数掲載中

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿