ネットワーク事業で横の繋がり強化!横浜市港南区の保育士採用状況



港南区はほとんどの横浜市内の区がそうであるように、多くの保留児童を抱えています。

保育施設の拡充により、保育所の合計定員数そのものは利用希望児童数を上回っているのですが、立地条件的な意味で偏り を見せており、需要の高いエリアの保育所は今後も保育士を採用して受け入れ枠の拡張に努めるものと思われます。

今回は、横浜市港南区の保育施設稼働状況と保育士採用状況についてまとめていきます。

統計情報に見る待機児童問題

横浜市港南区は待機児童こそ0名ですが、保留児童は毎年100名程度算出 されており、解決の糸口を模索している地域です。

直接的な対応策として、区内の保育施設を増設することに尽力しており、平成27年度は48箇所だった保育施設が、平成29年度には55か所となっています。なお、港南区の保育施設数は横浜市18区の中で7番目に位置する順位です。

偏りを見せる保育施設の受け入れ状況

港南区は地理的な影響を色濃く受けており、上大岡や上永谷、港南中央エリアではほとんどの保育施設が満員状態である一方、野庭や港南台エリアでは人気の0歳児保育枠も十分に空いている等(平成29年度7月現在)、地域格差が激しい状態です。

統計情報では、港南区における保育所の合計受け入れ枠が3,687名であるのに対して、保育施設の利用を希望する児童数は3,380名に留まっている状態なので、残る課題は地理的条件に限定されていると言えるでしょう。

新規開所による需要増

横浜市全体に言えることではありますが、港南区においても保育施設の新規開所は続いており、それに伴って保育士の価値は上昇 しています。

厚生労働省の発表によると、神奈川県内でも横浜市の保育士の有効求人倍率は特別に高く、この保育士求人のヒートアップは、今後しばらく続くものと予測されています。

横浜市港南区の保育士支援策

港南区では独自支援策となる「港南区ネットワーク事業 」の他、複数の保育士支援サービスを実施しています。既に保育士資格をお持ちの方のみならず、これから保育士の資格を取得しようという方にも、資金的な援助を実施している状況です。

保育資源の活用を狙う「港南区ネットワーク事業」

横浜市港南区では、認可保育所や認定こども園、小規模保育事業など保育施設全体を総合的に「保育資源」と捉えて、区内の施設の連携を狙った「港南区ネットワーク事業」を展開しています。

何名かの「ネットワーク専任保育士」を採用して、区内にある保育施設のつなぎ役として配置し、保育士の合同研修や資料配布などのサービスを行っており、区内の保育士の「質の向上」を担っているサービスです。

これから保育士として働く方を対象とした助成制度も

「これから保育士の資格を取得したい!」と志す方にも、支援が行われています。

港南区では「おしごとフェア 」として、保育資格をお持ちの方やこれから資格の取得を考えている方を対象に、現役保育士による講演会や就職案内などを実施して、保育士という仕事そのものに対する関心の向上を目指しています。

港南区で働く保育士には、どんな要素が必要?

港南区の保育所は、認可保育施設だけでなく、認定こども園や小規模保育事業など様々な施設が稼働しています。それぞれ開所時間やクラスの人数、職員の人間関係などの条件が違いますから、機に臨んで変に応じる心構えが大切です。

増加傾向にある定員枠、職員同士の緊密な連携が求められる

港南区の保育施設も大多数が認可保育所として稼働しています。受け入れ定員数が多い施設ばかりですから、児童の見守りはもちろん、保護者や職員との連絡相談は欠かせません。あらゆる業種において業務遂行の基本となる「報告、連絡、相談」はもとより、細やかな気配りができるコミュニケーション能力の高い保育士さんは、相対的に歓迎されるでしょう。

昨今では、大きな施設での事故やトラブルも目立ってきているため、職員や保護者との連携は以前よりも重要度を増しています。保育所全体が円滑に運営できるよう、気を配ることが大切です。

自分に合った勤務先を見つける事が大切

保育所の雰囲気や人間関係は、施設ごとに全く異なります。就職が決まってから後悔することがないように、雇用される側である保育士さんの立場でも、勤務先の選定はとても大切です。そのためには、「より多くの保育所の情報」を集める事が大切です。

多くの方はハローワークで求人情報をお探しかと思いますが、ハローワークは保育士に特化しているわけではありません。保育士専門求人サイトの「ゆめほいく」なら、保育士を強く望む求人ばかりが大集結。情報欄には、ハローワークにはない細かなPRまで記載されているので、情報収集にピッタリです。

最後に

港南区を取り巻く背景事情を考慮すると、保育士の需要は今後も増加し続けます。保育施設数も増加しているため、保育士の待遇は更に良くなるものと見られています。

しかし、施設数の増加して就職先が増えてくると、今度は求人情報の整理に戸惑います。保育士の業務は年々複雑化してきていますから、あとで「しまった!」とならないように、しっかりした情報収集が大切です。

「ゆめほいく」なら、保育士だけのこだわり条件が満載。施設ごとにPRや職場の雰囲気が書いてあるので、「これから働こう!」という方にはちょうどいいサイトですよ。

<参照>

横浜市港南区の保育士求人情報掲載中!

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!詳細はこちら

人気の投稿