幼稚園教諭の転職事情、気になる「理由」第1位は?



幼稚園の先生として働いていて、「転職したいなぁ…」と感じた事はありませんか?動機やきっかけは人それぞれですが、ご自身の周囲の環境を変えるには、「転職」が一番の選択です。

今回は転職した幼稚園教諭の「理由」に注目して、その実情をご紹介! 転職を「プラスに導く」方法を探していきましょう。

幼稚園教諭に多い転職理由ベスト3とは?

他の先生がどんな理由で転職しているのか、気になりますよね。まずは幼稚園教諭として働く先生たちが、どのような理由で転職しているかを確認してみましょう。

第1位 給料を増やしたい

給料に関するお悩みは、転職を理由として常に上位に食い込みます。

とりわけ幼稚園教諭は、他の職業と比べてお給料が控え目なお仕事 です。毎日大変な思いをしたのに、「明細を見てガッカリ…」では働く意欲も削がれます。

わたしたち人間には、向上心が存在します。仕事に慣れて能力が高まるにつれ、「正しく評価してくれる職場」を求める気持ちは、ごく自然な感情と言うべきです。

転職時のポイント1 専門サイトを利用する

幼稚園教諭の転職求人は、多くが似たり寄ったりであまり条件が変わりません。

給料や待遇が良い求人を見つけるためには、「仕事の探し方」を工夫することが大切です。特に「ゆめほいく」のような、保育士や幼稚園教諭の転職案件を得意とした転職サイトはオススメ。一般的な転職情報では掲載されていない案件もありますから、給料アップには欠かせないアプローチ方法です。

転職時のポイント2 英語力を身に着ける

幼稚園の中には「英語教育」を重視した園も少なくありません。こうした園では英語教育を担当する外国人講師がいるものですが、日本人教諭も英語スキルを有した人材は歓迎される傾向にあります。

当然、英語スキルを身に着けた幼稚園教諭は職業評価も高めです。お給料は普通の幼稚園よりも高めに設定されているので、収入アップに繋がります。

第2位 ワークスタイルを変えたい

毎日毎日働きづめでは、どんなに意欲があっても持ちません。

幼稚園教諭は残業が多い仕事なので、園児の降園後も業務がいっぱい。無駄な会議やミーティングが多い園の中には「残業が常態化」しているケースも。運動会などの行事前ならともかく、毎日残業では正直ウンザリですよね。

転職時のポイント1 面接時に確認する

面接時に「残業や休出の有無」を確認するのは、決して失礼にはあたりません。

残業や休日出勤の有無は、雇用のミスマッチに繋がるため、「お互いの納得」が大切です。採用されてから後悔することが無い様に、しっかりと質問することをオススメします。

残業がイヤで転職したのに、残業ばかりの職場に就職しては、本末転倒と言うしかありません。

転職時のポイント2 自分で調査してみる

幼稚園は1年を概ね同じサイクルで過ごす職場なので、残業や休日出勤を調査することが可能です。

やり方は簡単。園の近くに滞在して「働く先生たちが何時ごろに帰宅しているか?」をチェックするだけです。夜遅くまで明かりがついている幼稚園は、「残業が常態化」している可能性があります。

第3位 人間関係に不満がある

女性社会の幼稚園では、特に多い転職理由です。

幼稚園の人間関係は普通の職場よりもずっと複雑。「幼稚園教諭」「園児」「保護者」が混在するため、教育現場だけに限定しても、様々なトラブル事例が考えられます。

転職時のポイント1 面接の伝え方は慎重に

人間関係のトラブルは、とてもマイナス色の強い転職理由です。そのまま伝えてしまうと「うちでもトラブルを起こすのでは?」と敬遠されてしまい、採用率に大きく影響を及ぼします。

人間関係を理由に転職する場合は、表現に工夫を凝らして伝えることが大切です。特に「前の職場の悪口」や「同僚への不満」を口にするのは避けましょう。

転職時のポイント2 職場見学を利用する

職場見学を実施している園を検討するのは、有効な手段の1つです。園内の人間関係は外側から見えにくく、面接時に推察することは難しいのが実情です。転職先の人間関係が知りたいときは、職場見学を利用することをオススメします。

もちろん、見学中は「職員の表情」に要注意。暗い表情をしていたり、笑顔に欠ける教諭が居る時は、少し警戒した方が良いかもしれません。状況によっては、思い切って話しかけてみるのも1つの手でしょう。有益な情報が聞き出せるかもしれません。

最後に

幼稚園教諭の転職理由は人によって様々ですが、その後の転職の成否は「ご自身」にかかっています。充実した職場環境を手にするためには、リサーチや面接対策など、様々な部分に工夫を凝らす必要があるでしょう。

また、幼稚園教諭専門の転職サイトの活用も、積極的に検討したい方法の1つです。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの幼稚園教諭求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿