必ず聞かれる!幼稚園教諭の転職理由、どう答えるのがベスト?



転職はしたいけど、「転職理由」をうまく伝えるのはとても難しいですよね。給料に休日の日数、人間関係などなど「転職理由の”ホンネ”をどう隠したものか…」と、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、幼稚園教諭に多い転職理由を紹介し、アピール方法を考察します。面接官への印象アップを目指しましょう!

幼稚園教諭に多い転職理由

転職理由は様々ですが、多くの幼稚園教諭は待遇面や人間関係により転職を決断します。他の業界と比べてお給料が控えめな点と、運営体制や人間関係に行き詰まりを感じてしまう方が多いようです。

幼稚園教諭の転職理由ベスト3は以下の通りです。

  1. 給料や休日等の待遇を向上したい
  2. 運営方針に不満を感じた
  3. 人間関係の良いところへ行きたい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

給料や休日等の待遇を向上したい

待遇アップを目指した転職は、業界問わず「転職の王道」と言われる転職理由です。幼稚園も運営母体によって随分と条件が違うため、好条件の求人があればそちらに惹かれてしまいます。

モデルケースを見てみましょう。

  • お給料が高く人員充実!完璧に残業の無い幼稚園A
  • サービス残業が蔓延。人手不足の幼稚園B

多くの人は幼稚園Aに魅力を感じるハズ。好条件で求人を出している幼稚園はそれだけ人が集まりやすく、休日休暇もしっかりと取ることが出来ます。

逆に劣悪な条件の幼稚園は常に人手不足。サービス残業が蔓延し、結局手取りのお給料も減少します…。

運営方針に不満を感じた

幼稚園も運営母体や園長の考え方により、経営方針に差が出ます。

  • 新米教諭にも積極的に担任を任せる幼稚園
  • ガチガチのカリキュラムに沿って授業を行う幼稚園
  • 園長絶対!一族経営!息を伺う幼稚園

これらはほんの一例です。一概に悪いとは言いきれませんが、こうしたアクの強い経営方針の幼稚園は、教諭と衝突を起こしやすいのが難点。「合わないな…」と感じて転職を考える先生は、少なからず存在します。

人間関係の良いところへ行きたい

幼稚園教諭は「女性の世界」です。実力や性格よりも「要領の良さ」や「世渡り上手」が高い評価を受けることも珍しくありません。また、陰湿なイジメや陰口もつきものです。実際、人間関係がこじれにこじれてしまった先生の中には、

  • 保護者にまで悪口を言われてしまう
  • エプロンやスリッパを隠される
  • 園児の前で叱られる

色々な嫌がらせに悩んでいます。こうした環境に耐え続けることは、精神的にマイナス。無意味なガマンは辛いだけで、何の足しにもなりません。

転職理由をプラスの印象にかえるために

さて出そろった転職理由ですが…そのまま伝えると印象が良くありません。

印象の悪い表現方法はこのようなものがあります。

  • 給料が高いんでそちらに入りたいです
  • 園長のワンマンについていけませんでした
  • イジメてきた先輩とケンカして退職しました

仮にご自身が面接官だったとして、このような理由を述べる教諭を採用したいと感じるでしょうか? 残念ながら、あまり魅力的な人材には見えませんよね。

転職理由は「表現方法が命」です

言葉とは不思議なもので、同じことを言っていても、表現の方法によってまるで印象が異なります。転職理由を説明するときは言葉の性質を理解して、「適切な表現」を探ることが大切です。

先ほど挙げた例をベースに印象の良い表現方法を考えてみましょう。

  • 体験入園した時に、イキイキと働く先生たちに魅力を感じ、「ここで働きたい!」と思うようになりました。(待遇が良いのでイキイキとしていると解釈。お金や条件などの臭みを消す)
  • 私は「教諭がより良い園づくりにも参画すべき」と考えています。貴園の「教諭同士が話し合って方針を決める」という姿勢に惹かれました。(前の園の不満を指摘しない。転職先の魅力を伝える)
  • ウェブコラムで先生方の仲が良さそうなので、次第に関心を持つようになりました。「わたしも仲間に入れて欲しいなぁ」と考え、転職を決断しました。(面接官にウチでもトラブル起こすんじゃ…といった不安感を与えない)

このように表現方法を工夫するだけで、面接時はグッと印象が良くなります。

転職理由別の転職成功&失敗事例

最後に実際に転職を果たした幼稚園教諭の、成功&失敗事例をご紹介しようと思います。

給料や休日等の待遇を向上したい

成功例 転職サイトに書いてある通りの条件で働けた。信頼できる転職サイトに依頼して良かったです。
失敗例 実際の就労条件と求人票の条件が違った。後で調べたら、「求人票は雇用条件と違い契約書ではない」とわかった。
考察 募集ページや求人票に書いてある条件と、実際の就労条件が違うといったトラブルは、日本社会に昔から内在する問題です。「幼稚園や保育園に詳しい」信頼できる転職機関を利用することをオススメします。

運営方針に不満を感じた

成功例 念願の副担任になれた。担任の先生を通じてクラス運営を学べるから、「将来自分がクラス担任になった時」をイメージできて助かります。
失敗例 「教育体制バッチリ」と書いてあったのに、人手不足のせいで慣れないクラス担任に。毎日失敗続きで怒られっぱなし…。
考察 「こんなハズじゃない!」と言ったケースはよく見られます。「掲げてある運営方針を実現する体制にあるか?」は注意したいところです。

人間関係の良いところへ行きたい

成功例 挨拶を交わし、お互いに助け合う環境がこれほど良いとは思いませんでした。気持ちが前に向き、自分でも自然と研鑽を積むように。毎日の通勤が楽しみです!
失敗例 最初は良かったのですが、また前と同じようになりそうで不安です。失敗し続ける私は幼稚園教諭に向いていないのでしょうか…。
考察 人間関係がこじれてしまう理由は様々ですが、「実力不足」や「要領の悪さ」は度々指摘されている部分です。環境を変えると同時に、「自身の仕事に対する姿勢」も見直すことが大切かもしれません。

最後に

幼稚園教諭の転職理由は、待遇面や人間関係が中心的な要因です。ただし、そのままストレースとに伝えると印象が悪くなってしまうため、表現方法を工夫することに注意を払いましょう。

幼稚園教諭の転職市場に関しては、児童教育無償化の流れに伴い、今後更なる拡張が予想されています。理想的な就業条件や、居心地の良い職場環境を掴むチャンスでもあるので、チャレンジして見ては如何でしょうか。

保育士求人サイト「ゆめほいく」ってどんなサイト?

おすすめの幼稚園教諭求人情報はこちら

ぜひ下記をご確認ください。



その他特典多数!

人気の投稿