保育方針

1.多様な保育ニーズに応え、安心安全に預けられる保育

命を守り丈夫な体を育てるために、安全に注意し、食事・睡眠・清潔等、保育全般について一人一人に即した個別保育を行います。安心安全な給食の提供し、また基本的生活習慣の自立を援助し、子どもの健康作りを支えます。

2.子どもたち一人一人の個性を尊重し長所を伸ばす

乳幼児期は人間関係の基礎ができる時期なので、保育士との心のふれあいを通して情緒の安定を図り、人間らしい感性を育み、子どもたち個々の長所を伸ばしていきます。ことばの獲得や運動機能等、子どもの発達の個人差を理解し、遊びや運動といった日常の保育を通じて、発達を援助し、乳幼児が自己発揮できるよう豊かな経験を積ませます。

3.常に家庭的環境を意識し、人間形成の基礎を養う保育

子どもを愛し、ともに遊び、子どもの目の高さでつきあい、子どもと信頼関係を築きます。そして、子ども同士の仲間関係を広げる仲立ちをします。発達に合わせた基礎的生活習慣の自立を援助し、身辺自立を通して自信をつけさせます。また、規範能力や思考力の育つ時期なので、良いこと・悪いことをしっかりと教えて、生活の中で自分で考えて行動する機会を増やします。

4.豊かな感性を持ち、主体的・意欲的に生活し、自分を表現できる子どもに育てる

自然とのふれあいを大切にし、また良質な音楽・絵・物語を提供し、豊かな心を育みます。身近な自然を取り入れた保育で子どもの五巻をめいっぱい引き出して伸ばし、心も身体も素直で豊かな感性と表現力を育む保育をします。また、季節感のある歌や童謡・童歌、手遊び、リズム運動などを通じてことばの発達を促し、表現力を育みます。

5.仲間や周りの人を大切に思い、協力し、助け合いを喜びにできる子どもに育てる

集団遊びを重視し、安全面の配慮を最大限行いつつ、子ども同士で遊ぶ機会を増やし、他の人々と親しみ、支え合って生活するための自立心を育て、社会の中で人と関わる力を養います。

保育課程

保育課程(H28)